2018年03月05日

脳にいいことだけをやりなさい! マーシー・シャイモフ(著) 茂木健一郎(訳)

脳にいいことだけをやりなさい!  マーシー・シャイモフ(著) 茂木健一郎(訳)


「今日考えたこと」の95%は、昨日も一昨日も考えている。

人は1日に6万個の物事を考えていて、その95%は前日も前々日も考えていたことだ。
問題なのは、その習慣的な考えの約80%はネガティブなものだということ。


この本で一番、強烈に印象に残ったのは上記の文章でした。

そういえば、風呂に入りながら、洗い物をしながら、頭の中には昨日と同じ思考が
何度も何度も登場していると気づき、

「自分ってよく飽きもせず、毎日毎日同じことを考えているよなあ〜」
と面白くなってしまいました。

これ以外には、いろいろと興味深い内容も書かれているのですが、
どうもインパクトのある内容は見当たらず。

幸せな人生を歩むために脳の使い方を考えよう、という類の本は、大好物なはずなのですが、
あまりウキウキする刺激はありませんでした。

なんだろう、、、茂木さんの本ってあんまりピンとくるものに出会わないなあ


★★★3つ
posted by 蛙とカメ at 11:42| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。