2013年09月29日

ザ・シークレット ロンダ・バーン著

ザ・シークレット ロンダ・バーン著


人々がほしいものを手にいれていない理由は、欲しいものより、欲しくないものを考えている
時間が長いから。


あなたが欲しいものに意識を持続的に集中させると、宇宙はその最大の力で、
欲しいものを呼び寄せる。残念なことに、否定形かどうかまで「引き寄せの法則」
は判断できない。否定形の表現をしてもそれを引き寄せてしまう。


「洋服になにもこぼしたくない」――「洋服に何かこぼしたい。もっとこぼしたい」
「侮辱されたくない」――「侮辱されたい」
「レストランで私たちの座りたいテーブルをほかの人にとられたくない」
――レストランでテーブルを取られたい
「風邪をひきたくない」――「風邪をひきたい、もっとひきたい」
「私にそんな口の利き方をしてほしくない」
――「あなたにそんな口の利き方をしてほしいし、だれもが私にそんな口の利き方をしてほしい」

「引き寄せの法則」はあなたが一番強く思い描いていることを実現する。
それだけです。

あなたが思っていることが現実となります「思考は現実化する」


「自分が今、何を引き寄せているか」への答えは簡単だ。
「今、どんな気持ちかと聞いてみる」
「気持ちがいい」のであれば、「それでいいのです。そのまま続けてください」
ということだ。

「明るい気持ちでいることが重要。というのも、この爽快な気分が
宇宙に放射されるともっといい気分が引き寄せられるから」

美しい思いで、自然、お気に入りの曲はシークレット・シフター(気分転換法)
として瞬時にあなたの感情、周波数を切り替える


アラジンと魔法のランプのジニー。「あなたの願いを叶えましょう!」
ジニーは「引き寄せの法則」です。彼はいつもそこにいて、
あなたの考えること、話すこと、行動することのすべてを聞いている。

ジニーはあなたが考えること、話すことがあなたの欲しいものだ!と受け取ります。


第一段階「お願いする」
宇宙に願いを知らせる
本当に欲しいものを一枚の紙に書いてみる、現在形で書く。
「私は今、あまりにも幸せで感謝していますが」と書き出す。
それから自分の人生がどの分野でどうなってほしいか書く


創造プロセスの第一段階は願うこと
それを習慣化させる

二つの選択肢から迷う時はどちらもお願いする
ちゅうちょはいらない、ただお願いする


第二段階「信じる」
それをすでに手にいれたと信じる。
それを受け取ったように行動し、口にだし、思考しなくてはいけない
宇宙は鏡
まだ受け取っていないと思えば、それをまだ持っていない
状況を引き寄せる

人事るためには「ごっこ」をする
すでに持っているふりをする
ふりをしているうちに受け取ったと信じられるようになる
ジニーはお願いした時だけでなく絶えずあなたの施行に反応している
お願いし、信じ、理解し続ける必要がある


第三段階「受け取る」

願望が実現した時の爽快な気分を感じること。
受け取ったという爽快な気分になったとき、あなたは欲しいものと
同調できる周波数を発している

宇宙はスピードが大好き。遅れてはいけない。躊躇しない。
疑ってもいけない。チャンスが到来し、衝動がおき、
直観的なひらめきが浮かんだらすぐ行動にうつす


小さなものから初めて「引き寄せの法則」を自分の目で確かめる
音信不通の旧友をイメージすると、なんらかの形でその人と連絡が取れる
はじめは一杯のコーヒーから試すのもおすすめ
駐車場の空きスペースなど
次々勝ち続ける人は、そうなることを予期している

自分の一日を前もって創造する
次の日がどうなってほしいか前もって考える
すると自分の人生を意図的に想像できるようになる

時間がないと口に出せば本当に時間が無くなってしまう
「時間がたっぷりある」と宣言して自分の人生を変えてください



期待することは物事を引き寄せる強力な手段
あなたは欲しいものを期待し、欲しくないものを期待してはいけない

人生を好転させるために真っ先に今、できることは、
心から感謝できることの一覧表を作ること
するとエネルギーや思考を転換することができる

この訓練を始めるまでのあなたは自分の持っていないもの、不平不満、
自分の問題ばかりに焦点をあわせていた
この訓練をはじめるとすべてが好転する
あなたは心地よく感じるすべてのことに感謝し始めるでしょう

感謝することの効果が何よりも高い
もし「ザ・シークレット」の知識をただ一つだけ選ぶなら、
それは感謝だ。

感謝があなたの生き方になるまで、習慣化しよう。

すでに持っているものに対して感謝をし始めると、さらにいいものを引き寄せる
もっと感謝したくなるようなさらに良いものがやってくる
周りを見回して「まだ良い車を持ってない、良い家がない、良い配偶者に恵まれていない、
健康でない」など不満を漏らすのはやめよう

すでに持っているもので感謝できるもの、本を読むための目でも
今着ている服でもいい。

今持っているものに感謝をし始めれば、欲しいものはなんでも
手に入れることができる


シュガーマン氏は感謝によってすべてが達成できたという
駐車場の空きスペースを見つけても「ありがとう」と気持ちを込めて言っている


欲しいものをすでに得たかのように感謝すると非常に強いシグナルが
宇宙に放射される


毎朝起き上がる前にその日が終わったかのように今日一日はすばらしかったです、
ありがとうございますと前もって感謝しよう

ビジョン・ボード(夢の掲示板)を作るときは欲しいもの、なりたいもの、
理想の生活の写真を貼りつける
そして間違いなく目に付く場所に置いておく
さらに、すでにそれらを手にした感覚を味わう
受け取ったら十分に感謝し、その写真は取り除き、
つぎに欲しいものの写真をつける

期待には引き寄せの力がある
欲しいものを期待し、欲しくないものは期待しないようにする

欲しいものに対して前もって感謝すれば 願望は爆発的に強められ
より強いシグナルが宇宙に送り出される


もしもうっかり「そんなお金の余裕はない」という言葉を発してしまったら、
今こそそれを言い換えてください
「私は十分にお金がある。それを買うことができる」と言い換えるのです
そして、オウムのように繰り返し言ってください

次の30日間でなんでも欲しいものを見たら
「それを買う力がある。私はそれを買える」と言うのです


お金を人生にもたらすためにはお金を分け与えることが大変効果的です


人間関係において私たちはあまりにも他人に対して不満をいうことに慣れてしまっている
「同僚はあまりに怠慢だ、夫は私を怒らせる、子どもは育てにくく難しい」などなど
しかし人間関係を本当によくするなら欠点ではなく、その人の感謝できる点にこそ焦点を
合わせる必要がある

悪いことに焦点をあわせるとそういうものをもっと引き寄せるだけだ

人間関係で本当に困難に直面した時、次のようにして改善できる

紙に相手の感謝できるところを書き出す
30日間、毎日やり続ける
なぜそういう点が好きか考える、なぜかれらを好きかすべて書く
その人の長所を認め、感謝することに焦点を合わせ始めると、
良いものをもっと引き寄せ、いつの間にか、問題は消えていく


自分自身を愛と尊敬を持って扱う
すると、あなたを愛し、尊敬してくれる人々を引き寄せる

自分はだめな人間と自分のことについて嫌な気持ちを抱くとき
あなたは愛を阻止し、自分をもっと嫌いにさせる人々や状況を引き寄せる


笑いは最良の薬

人は病気になるとそればかりを話題にする
その人が病気のことを絶えず考えているから
具合が悪くても悪化させたくなければ病気のことを話してはいけない
「気分がいい」と繰り返し唱え、本当にそう感じてください


あなたが抵抗するものが存在し続ける

資源が減少しつつあると考えているまさにその時に
私たちは新しい資源をみつけ同じことを達成できる

人々が本当に望むものを心から追求し始めると
お互いに同じものを求めるということは起こらない
それがこの法則の素晴らしいところだ


私たちすべてが一つだという観点から「引き寄せの法則」を考えると
その完璧さがわかる
なぜ他人に否定的な思いを抱くと自分にもどってきて自分を害するか理解できる
私たちは一つなのです!

「それは素晴らしいけど私にはできない」
「やるにはお金がない」
「力が足りない」
「私は……だめ」などと考えているかもしれない

「私は……だめ」と一回いうごとにそれが実現してしまう

あなたが「私は……だめ」と言ったときすぐに気づいてください

「私は……である」という言葉には威力がある
「私は……である」というと、あなたはそれを事実として宣言している
ことになるため、強力な創造力を引き起こす

「私は疲れた」「私は病気だ」「私は歳とっている」「破産した」などというと
ジニーは即座に「ではあなたの望みを叶えましょう」と返事する


「秘密」の力に気づいてそれを使い始めるとすべての質問に答えが出てくる
「引き寄せの法則」を深く理解しだすと、質問することを習慣にできる
質問ひとつひとつに答えが返ってくる
本を使ってもいい
質問をして、答えを受け取れると信じて 適当にぱっとひらく
開いたまさにそのページに求めている案内や答えがみつかる

答えを得る方法は無限
新聞の見出しや誰かの話を小耳にはさんだり、通り過ぎる
トラックの会社名、突然のひらめきなど

とにかく思い出すのを忘れないでください、気づいてください


好きなこと、喜びをもたらすことをしてください
喜びに身をゆだねれば「引き寄せの法則」が
楽しいもの、楽しい人、楽しい出来事、楽しい機会を雪崩のように
人生にもたらしてくれる


今、幸せになってください、良い気持ちになってください


理解できないところもあったけど見方を変える一助にはなったので
★★★★
posted by 蛙とカメ at 01:35| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

狼と香辛料 支倉凍砂著

狼と香辛料 支倉凍砂著・電撃文庫


第12回電撃小説大賞銀賞受賞作

作者は大学で物理を学ぶ傍ら本作を執筆したとのこと。

やや単調な話だが、文章と比喩がおそろしく美しい。

ヨーロッパテイストの世界観に花魁言葉の狼少女の対比が特徴的。

「俺たちは商人だ。儲かればなんでもいい。笑うのは金が入ってから、

泣くのは破産してからだ」

「孤独は死に至る病じゃ。十分釣り合う」

「雄が肉をくわえてやってきた時は、肉を取られそうな時より注意しろというからの」

などなど。

久しぶりにライトノベルを読んでおもしろかったので。
★★★★4つ



 
posted by 蛙とカメ at 01:03| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。