2013年03月11日

投資信託にだまされるな!

投資信託にだまされるな!  竹川美奈子 著


こんな投信は買ってはいけない

毎月分配型は効率が悪い

分配金の原資は、自分が投資したお金
分配金が支払われると投信全体の資産が減り、基準価額が下がる

さらに、分配金を受け取るたびに税金もかかる
福利効果も、減る


自分のお金を預けて、販売手数料や信託報酬、税金を支払ってまで、
自分のお金を「毎月小遣い」として受け取るのは非効率ではないか?



投信の損益は、@基準価額の動きとA分配金で決まる
基準価額の値動きは、投信を買った時より基準価額が値上がりしているか、
値下がりしているかがポイント
値上がりしていれば、売却した時に「(売却益)キャピタルゲイン」を得て、
値下がりしてしまうと「売却損(キャピタルロス)」が発生する


投資の判断をするときは、基準価額と分配金どちらか一方を
重視するのではなく、両方を総合的にみる必要がある


資産分散型にはセット割増料金がついてくる


資産分散型投信は、株式や債券、REITなどを組み合わせて投資するもの
複数の資産に分散投資すると、安定した収益をだしやすい、というのは
その通りだが、株式や債権に直接投資ではなく、
投信に投資する「ファンド・オブ・ファンズ」という形式をとっている
商品が多いため、手数料が二重にかかり、割高になる


クラスB受益証券はワナだらけ!
販売手数料がかからないのでお得というセールストークだが、
短期解約に高額な手数料がかかる

さらに、管理報酬が高額なため、長期保有にも適さない
さらに成功報酬があったり、外国証券取引口座管理料がかかったりなど
ワナだらけ


手数料の高い外貨預金も要注意商品の1つ

外貨預金では円を外貨に替えるとき、外貨から円に戻すときの2回とも
為替手数料がかかる。米ドルでは、1ドルあたり2円程度(往復)かかるのが
一般的。米ドルはもっとも安い部類で、豪ドルでは1ドル5円などかかる。

外貨投資をしたいなら、預金に比べて為替手数料が安い外貨MMFがおすすめ
買い付けた翌営業日から売却できる換金性の高さが利点
金利は20%源泉徴収されるが、為替差益は非課税



販売手数料が高い投信はできるだけ避ける


高い信託報酬は、長期の運用成績を確実に悪化させる


実績のない新商品には手を出さない

理由の1つは、過去の運用実績がわからないこと
どの程度のリスクやリターンか判断できないし、運用報告書などで
実際にかかった手数料を確認することもできない

もう1つの理由は流行りものであることが多いから
投信にも流行があり、同時期に似たタイプが次々出る
しかしその関連相場の人気が過熱し過ぎていて、すでに高値になっていることが多い


「リスク限定型」「元本確保型」
一定の条件がミソで、現実には元本割れもある
もっともったいないのは、株価が上昇したとき
どんなに上昇してもリスク限定型では、当初約束の利回りしか得られない
こうなると、リスク限定ではなく、儲け限定型と呼ぶにふさわしい



インデックスファンドを資産形成の核にする


資産分散でリスクを低減
国内外の複数の資産に分散投資
「日本株式」「日本債権」「外国株式」「外国債券」

リタイアまで時間が短い世代は、この4資産に分散投資することを勧める

一方で、長期的に資産を形成する世代は、低金利が続く
日本債権に投資するメリットは感じられない
日本債権はもっと金利が上がってから加えるとよい


3タイプのインデックスファンドを組み合わせる

@日本の株式市場、A世界の株式市場、B世界の債権市場に投資するときには
インデックスファンドがおすすめ
C日本の債権だけは、投信よりもコストの低い「個人向け国債(変動10年)」の利用が良い



「資産分散投信」を自分で作ると手数料は割安
4資産に対応する主な指数は
日本株式:TOPIX(東証株価指数)
日本債権:なし
外国株式:MSCIコクサイインデックス(日本を除く先進22カ国1400社
以上の企業の株式で構成される指数)
外国債券:シティグループ世界国債インデックス


インデックスファンド選ぶはコストを最優先

コストを考える上でもっとも重視したいのは「信託報酬」
毎年信託財産から差し引かれるので、運用成績に大きく影響する
同書では、信託報酬が「年1%未満」の投信をえらぶことを勧めている
低コストのインデックスファンドを組み合わせ、信託報酬を年率1%以内に
抑えられれば理想ということだ

販売手数料も無料の投信がおすすめ(ノーロードという)

信託報酬や販売手数料がどれくらいかかるのかという情報は、
投信の評価会社であるモーニングスター(http://www.morningstar.co.jp/)や
投資信託協会(http://www.toushin.or.jp/)
で確認できる


たとえば、モーニングスターのウェブサイトでインデックスファンドを検索し、
信託報酬の安い順に並べ替える。
そこで信託報酬が年1%未満のものに絞り、安いものから販売手数料を確認し、
ゼロ(またはゼロに限りなく近いもの)をピックアップするという手順だ


販売会社の使い勝手で選ぶ

同じ商品を買う時に、販売手数料ゼロの販売会社が複数あった場合、
使い勝手の良さが決め手となる。
具体的には「投信の自動積立ができる」「3タイプのインデックスファンドがそろう」など
お金の入出金の利便性を考慮してもよい


コストにこだわるならETFを利用してもいい

コストに徹底的にこだわる場合、インデックスよりさらに信託報酬のやすい
「ETF(株価指数連動型上場投資信託)」を購入する方法もある

ETFというのは、特定の株価指数に連動する運用成果をめざす投信で、
株式市場に上場されている

たとえば、東京証券取引所には3種類のTOPIX連動型のETFが上場している
一番おすすめはTOPIX連動型上場投資信託(銘柄コード1306)
100口単位(17万円程度)から購入でき、取引量も多いから 

ETFとインデックスファンドの違いは、
・ETFはど証券会社でも購入できるがインデックスファンドは
その商品を取り扱う証券会社、銀行でないと買えない
・購入時の価格は、ETFは取引時間中であればいつでも時価で売買可能
インデックスファンドは1日1回価格を算出
・購入時手数料はETFは証券会社ごとにことなり、無料〜1000円程度、
インデックスファンドは商品ごとに異なる
・信託報酬はETFはTOPIX型で0・1%程度、インデックスファンドは
TOPIX型で0・5%〜0・8%程度
・いくらから買えるかは、ETFは17万円程度(07年時点)、インデックスファンドは
1万円から

など、最低投資金額が大きいことを除けば、ETFが有利


目論見書はポイントを押さえればだれでも読める

投信を購入する前には目論見書をみてから、購入するかどうか決める
まずはあたまのほうにある「ファンドの概要」を読んで、全体像をつかみ、
きになるところをさらに詳しく確認する


投資経験ゼロなら最初に5万円で投資体験

自信がない人はまず、半年〜1年くらい少額で分散投資をしてみて、
”投資になれる”ことを勧めている

たとえば、「MMF」「個人向け国債(変動・10年)」
「TOPIX連動型のインデックスファンド」「米ドルMMF」「ユーロMMF」に
1万円ずつ投資する

これらを保有すると、株式や為替、金利のうごきに応じて価格が変動したり
利息が付くので、「どういう原因で動くのか」「どらくらい変動するのか」などを
実感できる


買うときは、何回かに分けて買うことでリスクを分散する

すぐに口座を開設して、大金を投じようとする人もいるかもしれないが、
まとまったお金を一気に投じることは間違いだ

株式や債権はつねに価格があがったりさがったりする商品だ
まとめて一度に購入したあとに基準価額がさがったら、それだけダメージも大きい
購入時の年齢があがるほど、大きな損に対するリカバリーのチャンスは減る


そのため、投信は何回かにわけて買うことを勧めている
このとき、販売手数料が無料(ノーロード)だと、分割して買うことに
抵抗が少なくて済む


自動積立の勧


自分の手で何回かに分けて買うのは手間がかかる
また人間は感情に左右されるもの
値段が下がっているときは「もっと下がりそう」と怖くて買えないし
高騰しているときは「そろそろ下がるかも」と心配で買えない


そこで一喜一憂せうに投信を購入するには、証券会社や銀行の自動購入
サービス(投信の積立)を利用すると便利だ



一定額を毎月購入すると、基準価額が高い時には少しの口数しか買えず、
安い時にはたくさんの口数が買えるので平均購入単価を低く抑える
効果もある


投信の積立は、世界経済の成長を前提として、
コツコツ資産形成したいひとには利用価値がある

若い世代だけでなく、退職金などまとまった資金のある世代にも有効だ
たとえば1200万円を投資に回したい場合、月に100万円ずつ1年間かけて
投入するといった具体だ


いずれにしてもある程度まとまったお金は「投信積立専用口座」を作って
入金しておき、毎月一定額ずつ購入し、最低半年〜1年程度はかけて
お金を投じるようにするのが良い



お金がない世代は、月々の給与やボーナスから積立資金をねん出すればよい


お金を「日本株式」「外国株式」「外国債券」の3セクターに投資したらいいことが
わかった。それぞれのセクターにどの割合で投資すればいいかも述べられている


20〜40代向け資産運用プラン

運用可能期間が長いので、50代以上とくらべてややリスクをとった
資産配分になる

まとまった資産がなく毎月積立するという前提で説明している
毎月5万円ずつ積み立てできる人はトピックスオープン2万、
ステート・ストリート外国株式インデックス・オープンを1万、
中央三井外国債券インデックスファンドを2万ずつ買い進める
5万がムリなら3万円程度からスタートするのもよい


年に1度は資産配分の見直しを

資産配分を決めたらあとは淡々と投信を購入すればよいが、
当初考えていた資産の配分比率が崩れてきたときは、資産配分を
もとにもどす「リバランス」を行う必要がある


具体的には、当初設定した比率が増えたものを売って、
比率が減ったものを買うことで、想定した資産配分にする


ただ、比率が増えたものを売るというのは、値上がりしたものを売るということ
だから、税金がかかる


積立総額が少ないうちは、比率が高くなったほうの商品の月々の
購入額を減らし、比率が低くなったほうの商品の購入額を増やすことで
配分を元に戻すという手法がおすすめだ
解約(売却)をともなわないので税金を払う必要がない


急に値上がりしてもすぐに解約しない


投信を保有していると、急に基準価額が上昇したり、急落することがある
大幅に値上がりしたからといって株のように売って利益を確定(現金化)
するのはおすすめしない


投信を買うのはたとえば「20年以内に3000万円貯めたい」といった自分なりの
目標があるから
であれば、その目標を達するまでは継続的に運用し、頻繁に売り買いしないのが鉄則


解約するのは、リバランスする場合と、買っているのと同じ資産に投資する商品で
はるかによい商品が登場したとき、あとは積立がおわり、生活資金が必要になった
ときだけ


ある投信に大きな損がでているからといってあわてて売ってしまうのも
賢い方法ではない。複数の異なる値動きの投信を組み合わせているので、
あるひとつが値下がりしてもほかの投信が損失分をカバーする可能性が高いからだ


確定拠出年金は積極的に利用しよう

確定拠出年金(日本版401K)は投信をきわめて低コストで購入できる
すばらしい制度。活用できる人は積極的に活用しよう


07年時点で活用できるのは3タイプの人
・自営業者(第1号被保険者)→個人型
・会社員で勤務先に企業年金がなく、確定拠出年金も導入していない→個人型
・会社員で勤務先に企業年金があり、企業型確定拠出年金を導入している→企業型



口座開設は「特定口座」にする


投信用口座を開くときは、どこで開設するにしても、3種類の口座からひとつを
選ぶ必要がある
同書で勧めているのは、「源泉徴収ありの特定口座」

利益が出たときに証券会社や銀行が自動的に源泉徴収してくれるため、
確定申告の手間が省ける


かゆいところに手が届く説明が、非常に役立った

★★★★★ 5つ




posted by 蛙とカメ at 00:17| Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30代でしっておきたい「お金」の習慣

30代で知っておきたい「お金」の習慣  深田晶恵著


冒頭、お金が貯まる人の3つの共通項がでてくる。それは
@先に積立でお金を貯め、その残りで生活していること
A保険と住宅ローンで、お金をムダに減らしていないこと
B男女とも、できるだけずっと仕事を続けること

この3つは三位一体で、どれかひとつ欠けてもダメだそう。


この原則を踏まえたうえで、貯める仕組みや保険、住宅、投資などについて
アドバイスしている


お金が貯まる仕組みづくり


口座は3つ用意して貯める仕組みを作る
「日常で使う口座」「1年以内に使う予定のある一時的な貯蓄口座」
「手をつけずに貯める口座」


日常で使う口座と、一時的な貯蓄口座は、同じ銀行の同支店でつくると、
ただで振替できて便利だ。


後悔しないためのお金の使い方


貯蓄の名義を一人に集中させない

例えば、夫が事故で急逝したばあい、二人で働いて貯めた1000万円でも、
夫名義の貯蓄であれば、夫の遺産となる

子供がいないケースでは、亡くなった夫の両親にも相続権が発生する
1000万円には妻の給与分も含まれるといっても、名義が夫である以上、
誰の資産かを証明するのは困難だ

とくに共働きの場合、それぞれの貯蓄は別名義で貯金するのが基本ということだ



バブル世代がなぜお金が貯まらないか

30代がまねしてはいけないバブル世代の5つの習慣
@クルマ所有はあたりまえ
A妻は専業主婦
B大手生保の高い保険に入っている
C住宅ローンのボーナス返済が多額
D子どもの教育にお金をかけすぎ


車について。
維持費だけでも年間50万円とすると、1週あたり1万円。
1週間でタクシー1万円に乗り放題という計算
はんぶんの5000円ですめば、年間25万円の節約となる



将来泣かないために投資力をみにつける


30代だったら、まずは10万円を投資
痛い思いやおいしい思いを体感するのが大事


投資するなら練習向きの投資信託から
日経平均株価(日経新聞が選ぶ225銘柄の平均株価)に連動する
「225インデックス・オープン」や「インデックス・ファンド225」など

東証株価指数(TOPIX、東京証券取引所一部であつかう株の全体の動きを表す指数)
ファンド名は「TOPIXオープン」「TOPIXインデックス・ファンド」など


投資商品は「手数料」が安いものが鉄則
購入手数料はゼロまたはゼロに近いもの
運用管理費用はインデックス・ファンドなら年率0・5〜0・7%が目安



投資商品の勉強は「買って、もって、売る」が1つの経験

投資は長期で運用する、ということは、ずっと持ち続けていることが
よいという意味ではない

いくらになったら売るかを考えることが大事

勉強するだけでも、やみくもに投資するだけでもなく、
「売買を経験しながら勉強する」のが殖やす力を身に付ける近道


投資のトレーニング期間は、投資商品との”お付き合い期間”
本当に良い商品と思ったら、”結婚”を考える
投資商品との”結婚”とは、積立投資
積立投資で、価格が高いところで一気にかってしまう
高値づかみを避ける


わかりやすく書かれているが、全体につっこんだ話は少なく、
他の本でも書かれている内容が多かったため
★★★ 3つ



posted by 蛙とカメ at 00:14| Comment(0) | 節約・貯蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

臆病者のための株入門

臆病者のための株入門  橘玲著


ベストセラー作家による株本なので、おもしろく、よみやすい。
興味深かった部分を抜粋する。


「日本のネット証券は仁義なき手数料の引き下げ競争に
突入し・・・薄利多売で稼ぐしかない。デイトレーダーの数が
増え続けることがビジネスの前提になっている」
「そこで彼らは投資家教育と称して、無料の投資セミナーを開いては初心者
に信用取引の仕組みやテクニカル投資を教えている」
「チャートで儲ける方法が無料の株式セミナーで教えられていたり、
近所の書店で売っている株の入門書に書いてあることは、ぜったいにない」



そもそも投資って何?

投資家の仕事は、損をすること
株式市場とは、損を薄く広く分散させるためのシステム


世界一簡単なファイナンス理論早わかり

インデックスファンドに投資する


マーコヴィッツ青年


経済学的に正しい投資法を実践するのは簡単である
ひとことでいうと、「インデックスファンドに投資しなさい」
終わり


ノーベル賞を受賞したマーコヴィッツ氏は、古くから知られていた
「分散投資」の効用を、数学的に証明したこと


少しでも動きの違う株をもてば、リスクの持つ相殺効果によって
損する可能性だけを減らすことができる

例えて言うなら、電力株はリスクが低い(東日本大震災で神話は崩れた)
IT銘柄はリスクが高い
これを両方保有すると、どちらかに全財産を投じるよりも、統計的に
低いリスクで高いリターンを得ることができる


こがマーコヴィッツ氏の発見であった


リスクの取れる若い投資家は、IT銘柄に比重をおいたハイリスク・ハイリターンの
ポートフォリオをつくり、年金生活に入ったら電力株などに比重を移せばいい


これに対して奇妙なことを言いだしたのが、ジェームズ・トービン氏


同氏は「投資家の年齢に関係なく銘柄の保有比率はおなじでよい」とのこと
合理的な投資家の行動は次のとおり

@ローリスク・ローリターンの投資家
全資産を国債(無リスク資産)で保有

Aミドルリスク・ミドルリターンの投資家
国際と株式ポートフォリオの組み合わを保有

Bハイリスク・ハイリターンの投資家
全資産を株式ポートフォリオで保有


同氏の独創は、国際のような無リスク金融商品と
株式ポートフォリオの組み合わせを考えたこと



リスクとは「損する可能性」であると同時に
「儲かる可能性」でもある
 と定義する。
「投資でリスクをとりたくない」と言っている人は、
「投資で儲けたくない」といっているのと同じ意味だ。


生命保険は「不幸の宝くじ」
そもそも生命保険は、仕組みから見れば宝くじと同じ
唯一の違いは、宝くじは当たれば嬉しいが、
保険金が支払われるときは、不幸な偶然にみまわれるときだ


「投資家教育」がさけばれている。だが本当に必要なことは
金融機関は教えてくれない。池に魚がいなくなれば釣りができないように、
ネギを背負ったかもがいなくなれば儲けられないからだ。



ど素人のための投資法
経済学的にもっとも正しい投資法は、世界市場全体に投資すること

トーシロ投資法
@トレーディング
メリット:ゲーム性が高い
デメリット:ゼロサムゲームなので初心者の大半は敗退する

A個別株長期投資(バフェット流)
メリット:資本主義の原理に忠実なのでもっとも大きな利益が期待できる
デメリット:企業調査に時間と努力が必要

Bインデックス投資
メリット:あまりにかんたんで考える必要すらない
デメリット:平均的にしか儲からない


非常に読ませる文章で、とても抜粋でことたりるような本ではなかったことを
言い訳しておく。
よくいわれる、分散投資などの理論的説明を、とてもおもしろく
かんたんに書かれていて、興味深く読めた

★★★★★ 5つ



※リチャード・デニス・・・アメリカの伝説的トレーダー
1970年に400ドルからトレードを始め、2億を超える資産を築いた
彼を有名にしたのは成功より、質素で倹約的な生活スタイル
莫大な資産は寄付と政治献金(それも民主党)に惜しげなく使われた
posted by 蛙とカメ at 00:53| Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。